ジギング ランキング参加中!

  • ジギングランキング
  • 日本ブログ村
  • ショア・オフショアジギングランキング
  • ソルトルアーランキング
フォトアルバム

タカミの釣りヴログ(仮)

アクセスランキング

Powered by Six Apart
Member since 11/2008

« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月 9日 (日)

ツバス好調!

8/9 明石 魚英さんでジギングしてきました。ぐっさんと釣行の予定でしたが、急遽私一人にdown天気も怪しくやめようかとも考えましたがスロージャーカー2ozを青物で曲げたい欲求に負け自宅を3時に出発!と雨が降り出す!!やむことを期待して・・・・・・

5時半出船。今日は別艇がフィッシングエイトのイベントで一艇貸切。佐々木洋三さんが出船前にイベント参加者にタイラバレクチャー!聞き耳を立てたが聞こえず。残念!

今日はツバスがメインでサワラやメジロに近いハマチと今明石で浜値で一尾3~4,000円といわれるゴマサバ(45cm~50cm)とタイ狙い。タックルはツバス、タイ、サバ用にスロージャーカー2oz、PE1号のクラド、サワラやメジロクラス狙いにスロージャーカー4oz、PE2号のリョウガ、一発青物狙いに150g~200gを用意しとくよう言われていたので、ハイピッチジャーカー600、PE3号のオシアジガー1500とPE2号の3ozクラスのスピニングを用意した。ジグはローライトでもあり、まずはピンクや金系の70g~130gで準備。

港をでて早速ツバス狙い。今回は操舵室横で、魚探も見て船長と喋りながらとなった。ライテン70gに土佐カブラをセット。底を中心にワンピッチで探る。魚探に反応がでるがバイトなし。反応が消えると、底ベタでバイト。やわらかいロッドなのでしっかりフッキングを入れる。カブラとジグへダブルでヒットしていたが水面で1本バラシ。2ozのロッドがいい!!操作性もファイトも楽しい!明石や和歌山でよく使う50g~80gのジグにピッタリでツバスサイズならダブルやトリプルでもロッドで突っ込みをいなし浮かす!いやぁ~楽しいup

大半ダブルでヒットしてくるが、水面で一つ外れるし、ダブルでヒットしてくる割につれ続かない。おまけに船密集。かなりのハイプレッシャーである。潮も速くなってきたので100gのヒラジグに交換。船中ではポツポツあがっているがバイトがなくなった。今度はチャクラジグ105g赤金に変更。シャクリはワンピッチのままでバイトが戻る。しばらくするとまたバイトがなくなりライテン70gピンクに戻すとバイトが出だす。ポツポツではあるが、ジグローテーションでなんとか拾っている感じだ。

たまに中層をサバらしき反応が通過するので、反応のあるときは中層までシャクってみる。中層では少し大きめにシャクってフォールを入れ、ゴマサバにアピール。反応を見ながらシャクっているとフォールでバイト。ツバストリプルでもでなかったドラグ(きつくしていないがロッドで吸収してくれるのででない)が一気に走る。サワラかハマチクラスダブルかと楽しみながら上げてくると、今年一のデカゴマサバが2本。8千円や!!船長もすかさずネットをだしてくれた。これはうれしいhappy01昨日も午後便で釣れ、おいしかったそうだ。潮的にも夕刻がいいと聞いていたのでラッキーであった。

同船者が大物をヒットさせたがフックアウト。ツバスでクーラーもいい感じになってきたので4ozに持ち替え、ジグは125gのピンクをセットしサイズアップを狙ってみたが、バイトしてくるのはツバスのみ。

サワラやメジロ、ブリ狙いにポイントを移動。水深は40mくらい。そこ付近で頻繁にバイトしてくるが、ジグは125g、フックは大物用にパイク3/0、ツバスは乗らないようだ。中層でいいバイトがあったがのらず、見ていた船長と今のよさそうやったな!と隣のアングラーにヒット!水面にサワラが見えたとたんラインブレイクおしい!!私のラインにもキズdownサワラを逃してしまった。しばらくがんばってみるが、潮どまり、ツバスのバイトもなくなり終了となった。

Imgp0198 本日の釣果

ツバス30~40cm18本

ゴマサバ45cm2本

早速ゴマサバは刺身と半生キズシで食した。

最高に美味しかった。

ツバスはハンバーグにして食べると美味しいと船長に教えてもらったので試してみることにする。

ほとんど1日スロージャーカー2ozで通したが本当にいいロッドだ。次は大物をしとめたい!

2009年8月 1日 (土)

撃沈&2ozデビュー

7/31 ビッグワンの釣行は途中経過どおりゴマサバ2匹の結果となってしまった。

Imgp0197

ベイト反応もよくサバ、タイ、サワラなどが狙えそうであり、決して悪い状況ではなかった。

今回の釣行では大きな選択ミスをしてしまった。前日事前確認時点で今回の釣行は私たちのグループのみで時間は好きにできるとの事で、相談してよいさんの体調があまりよくないので、できれば早く釣って早く帰れる方を選択することにした。地合が夕方にあることは承知の上で7時出船を選択。地合になるころ帰港となるが、まぁ釣れていなければ延長でも・・・と軽く決定。

結局当初の9時間コースでの釣果は私のゴマサバ2本、よいさんのゴマサバとヒラメ。あとはエソも数匹といった感じ。私たちのグループ以外の同船者1名とも相談し延長したが、ときすでに遅しであった。

地合前、潮もあまり動かない中ポイント選び等船長に奮闘していただいた。いつもの時間の出船であれば、いい反応のあったポイントで潮が動くまで粘ることもできたが、動き出すころには帰らなければならない。船長の選択も大変であったと思う。船長に感謝 m(--)m

終了間際サワラ狙いの60mポイントで、同船者にサワラがヒットし、私にもバイトがあった。表層を泳ぐサワラも目視できいい感じであったがこの1本のみとなった。

今日8/1は、たつこめさん と southernisland1133さん がビッグワン釣行の予定だ。きっとリベンジしてくれると思うhappy01

今回釣行でポセイドンスロージャーカー2ozを使ってみた。クラド200J・PE1号、ジグは最近発売になったダイワのTGベイト60g、カプリス50g75g、ヒラジグ60~100g、飛天ジグ60g、タイカブラ炎月十六夜50gを試してみた。

タングステンジグは動きが悪いとのイメージがあったが、TGベイトは左右非対称のセンターバランスで、2ozロッドでシャクるといとも簡単に横を向いてくれた。シルエットも小さく今の時期の小さなイワシがベイトや深場も容易に攻めることができそうだ。ちなみに100gも3ozロッドでシャクってみたが同様の手ごたえを感じた。

カプリス他60~80gもしっかり横を向かせてくれる。3ozロッドで感じていた違和感はない。しっかりロッドにジグを感じてシャクれる感じだ。浅場ではあったが100gのヒラジグもシャクってみた。しっかりロッドティップが戻ってジグを横に向かせられているようだ。

炎月十六夜50gで鯛狙いも試してみた。バイトがなかったので次回に持ち越しだが巻いていて違和感もなく、潮の速いところや、重めのカブラでもしっかり巻けそうであった。

2oz サバとエソがヒットしたが、しっかりとした感じのロッドが一転しよく曲がる。エソがスレ掛りすれば、折れそうなほど曲がる。ハマチクラスで体感して、ロッドの感触をあじわいたいと思う。

今回は40m以下のところでシャクったが、あまりバイトやヒットがなく、十分な感触をつかむことはできなかったが、潮の変化も感じ取れ、軽くてジグもしっかり動かせたと思う。早くいい魚をヒットさせたいものである。

2oz、4ozはジグと潮を感じ安い。3ozは少し張りが強くハイピッチにもシャクリ安い。6ozは大型魚を楽に浮かすことができる。などなど、それぞれ使用するジグの重さにこだわらず、使い分けられるのが良いと思う。どのロッドも軽いジグから重いジグまで操作でき同じジグでロッドを変えれば違う動きになる。もっといろいろ試して体で感じて、ジギングを楽しみたいsign03